弁天のおすすめ青汁リサーチ

青汁の情報を健康になりたいあなたに向けて発信するブログです。おいしい青汁を見つけよう!

青汁の効果やメリット

青汁のケールや大麦若葉で健康に!野菜不足が起こす症状とは

投稿日:2019年4月14日 更新日:

圧倒的な野菜不足を青汁でサポートしよう!

現代の日本人は全世代で野菜不足だといわれています。

厚生労働省がいう、1日の目標はこちら↓↓↓

緑黄色野菜を120g、淡色野菜を230gの合わせて350g

サラダや野菜が主材料の小鉢を5皿ということですが、あなたは達成できているでしょうか。

特に20~30代は平均を90~120gも下回っているみたいですよ。

筆者も30代に突入しましたが、うなずけるほど野菜不足ですからね。

野菜不足でどんな悪いことが起きるのか、これを知れば少しは意識して食べるようになるかもしれません。

健康が気になるあなたの代わりに調べておきました。

若者に限らず全世代の人に言えることなので、まずいと思ったら食生活を見直してみましょう!

野菜不足で起きる症状!青汁で栄養を補おう

  • 便秘、肥満、貧血になる
  • 肌が荒れる
  • イライラする
  • 老化が進む
  • 疲れやすくなる
  • 口内炎がよくできる
  • 自律神経が乱れる
  • 高血圧、動脈硬化に

自律神経の乱れで頭痛、不眠、耳鳴り、関節の痛み、皮膚の異常などいろんな問題が起きます。

若いうちは良くても、歳をとるほど機能が低下して顕著にあらわれるものです。

忙しい現代人が野菜を350gも食べるのは、続かないという意味で不可能に近いでしょう。

そこで今注目されているのが、野菜のしぼり汁である青汁なのです。

青汁に入っているケールの栄養価が高い

緑黄色野菜の王様ともいわれる「ケール」には、ビタミン、ミネラル、さらにはカルシウムやβカロテンまで入ってます。

特にビタミンCが豊富で、よくケールと一緒に出てくる「大麦若葉」の約12.7倍も含まれているんだとか。

体の内側から健康維持を強力にサポートしてくれるすごい野菜なのです。

こべんてん
ケールはキャベツやブロッコリーなどの原種ね!

大麦若葉も栄養価の高い野菜

ケールと似た栄養素が含まれており、大麦若葉も青汁によく使われます。

栄養価が多少劣るものの、ほんのり甘いのがケールと違うところ。

豊富な食物繊維と、抗酸化作用の強いビタミンC、ビタミンE、βカロテンを多く含んでいるのが特徴です。

人間はタバコやストレス、紫外線に当たったり、激しい運動によって老化や病気の原因となる活性酸素が増えます。

これに打ち勝つ体を作るためにも、大麦若葉やケールの栄養素は必要不可欠なのです。

今からでも食生活を見直して野菜不足を解消していきましょう。

最近の青汁は飲みやすい!最初はケール控えめがおすすめ

「まず~い、もう一杯!」の印象が強くて、青汁を飲まず嫌いにしてる人もいることでしょう。

じつはケールが苦みのもとなんです。

あのCMでお馴染みの青汁はケールを惜しみなく使っているから、あんな顔になっちゃうんですよ。

昨今の青汁は各メーカーごとに様々な改良が加えられ、子供でも飲めるほどになっています。

筆者が飲み始めた「まるかんの青汁」は、ケールと大麦若葉の両方とも入ってますが、抹茶かと思うくらいサラッといけますよ。

青汁は続けないと意味がありません。

飲みやすいばっかりだと栄養価が落ちるし、その辺りをしっかり見極めて選ぶとイイです。

メーカーによって随分と成分が違うので、このブログでまとめていけたらと思います。

あなたの野菜不足が解消できるよう、いろんな青汁をリサーチしていきますね!

こべんてん

-青汁の効果やメリット
-,

Copyrighted Image

Copyright© 弁天のおすすめ青汁リサーチ , 2019 All Rights Reserved.